JメールとYYCとハッピーメールに登録をして、日々募集を続けていくことになりました。
とても期待した気持ちを持ち、私も友達のように優しい紳士が現れるのを待ちました。
サポートしてくれる人と知り合える可能性ができてから、気分も随分と良く過ごすことができました。
諦めずに、出会い系サイトの中で募集を続けていけました。

 

 Jメールでやりとりが始まりました。
相手の方は少し年上の40歳のパパです。
不動産投資をしていると言う方だったのですが、現在はバツイチで一人暮らしだということも教えてくれました。
言われた通りLINE交換して直接交渉に入っていくことになりました。
ドキドキワクワク、そして緊張の一瞬にもなりました。
「実は、自分の家も母子家庭だったんだよ。母親が苦労してね、気持ちはよく理解できるよ」
こう言ってもらって、気持ちが楽になるのを感じました。
パパ活で優しい理解ある方と話すことができて、もしかしたらという希望が出てきたのです。
「とにかく一度ぐらいは食事に付き合ってもらえないかな?最近はいつも1人か仕事関係の人だからね、味気なくて」
相手の方が出してくれた条件は、この食事で5万円ということでした。
その金額聞いてしばらく声が出ませんでした。
本当にそんなにいただいちゃっていいの?って思ってしまうぐらいです。
「リラックスして食事に付き合ってよ」と気さくな態度で言ってくれました。

 

 生まれて初めて、に近い感じで回らないお寿司屋さんに出かけていくことになりました。
相手の方曰く、とても新鮮で美味しい寿司を食べさせてくれる場所だといわれ期待もしました。
相手の男の人、なかなかしゃべり上手な方でした。
一緒にいる時間も、退屈な気持ちを持つことはありませんでしたし、とにかくフランクで一緒にいても窮屈な気持ちにはならないのが良いという感じでした。
食事が終わって帰宅の時に、「約束のものだから」と5万円の入った封筒を渡してくれました。
愛人が欲しいと思っていた私、セックスしないで見事に大きなお小遣いを手にしてしまいました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人募集の成功者に教わったサイト