40歳のバツイチの男の人と、関係を続けることになりました。
月に2回〜3回程度なのですが、食事にお付き合いをする関係ができました。
とても気さくだし優しいし、良い人に出会えたことに感謝しっ放しでした。
子供連れでも食事に連れて言ってくれるし、子供の欲しがるおもちゃを購入してくれるようなこともありました。
こんなにいろいろしてもらって、それでを小遣いをもらっているのだからとっても不思議な関係です。
ずっとこの関係が続けられたら、そんなことを思うようになっていました。

 

 食事デートをするようになり、3カ月が過ぎようとしていたときのことだったのです。
相手の方が、いつになく真面目な表情をしていました。
もしかしたら関係を打ち切りに…そんな怖さを感じてしまいました。
でも、全く違った逆のことだったのです。
「真剣交際、考えたことはある?」
突然言われて驚きました。
「ずっと一緒に食事をしていたりして、とても癒やされるのを感じててね。自分もバツイチでそろそろ結婚もなんて気持ちもあったから、告白してみようと思ったんだよ」
さすがにいきなりの告白は、言葉が出ませんでした。
「無理強いはしないし、もしダメでも、この関係は続けるから安心してくれ」
私に考える時間を与えてくれるようでした。
でもこの段階で、私の気持ちは決まっていました。
これからの生活のことを考えれば、新しい関係を築いて安定した収入を得るのは当然のことです。
しかも相手の方はとても良い人ですから、私も一緒にいて全く嫌な気持ちを持ちませんでした。
翌日に電話をして「交際を受けたいと思います」と伝えました。

 

 愛人が欲しいから出会い系を使い、お金をもらう関係を作りました。
しかしそれがまさか、恋人という関係になるとは思ってもいませんでした。
ただお金のためだけではなく、相手の人を頼れるからお付き合いを始めました。
今では子連れでみんなで遊びに行くようになっています。
愛人の作り方として出会い系サイトを利用しましたが、まさかの婚活になってしまいました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
愛人募集の成功者に教わったサイト